So-net無料ブログ作成
検索選択

DeNA(ディーエヌエー)がストップ安張り付き [仕手株投資手法]

2432 DeNAは10月31日決算発表内容がネガティブに影響してかストップ安張り付き前日比-20.44%の大幅下落

前場の寄り付きが9時33分のストップ安値

そこから小幅の反発はありましたが結局は後場14時12分から大引けまでストップ安張り付き

結果、終日売りに押されました。


外部環境や欧州債務懸念の再燃なども投資家心理を冷やし売り材料になったのかも。


他にも東証1部値下がり率ランキングを見ても7位までが前日決算発表がらみ。


決算発表前の持ち越しリスクを思い知らされるケースでした。






本日は大幅下落初日で様子見に徹しましたが明日のメイン監視銘柄は当然2432 DeNA (ディーエヌエー)


VWAP:2774円

高値:2800円

終値:2725円


上記の価格帯で売り圧力が強くなれば空売りする作戦


読みにくいのは朝の寄り付きから大きく窓明けになるパターン

そのパターンになれば様子見かスルー予定


DeNA(ディーエヌエー)もしばらくはオリンパス、日本ガイシ、東京電力のように仕手性が強くボラティリティが大きい銘柄がなると予想




そしてDeNAほどではないが同じく出来高急増・大幅下落の銘柄

東証1部値下がり率ランキング

2位 5943 ノーリツ
3位 6498 キッツ
4位 4112 保土ヶ谷化学
5位 4041 日本曹達 

このあたりを同じ作戦で監視



他は証券(野村HD、大和証券G 他)、商社(丸紅、三井物産 他)、海運(商船三井、郵船 他)の空売り


買いではエスバイエル、ラックHD、ダイヤ通商


個人的にはネガティブ相場をイメージしているので空売り8VS買い2くらいの比率でトレードする予定です。



それではまた


(^^)v

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。