So-net無料ブログ作成

ヤマダ電機 エスバイエル グリーに注目 [仕手株投資手法]

先週末のNYダウが125ドル高で引けました

週足チャート・日足チャートから見て上昇に少しはファイティングポーズを見せているようにも見えます。


先週の日本株は民主党菅首相退陣明確化の見通しが株価の下支えになりました。





私の勝手なシンプル予測です。


ポジティブに見ればNYダウが取り合えずセリングクライマックスを向かえ上昇

日本株も新首相の元で震災復興が進み連れ高というパターン



ネガティブに見れば日本株はここからの震災復興は先週で折込済み、新たなサプライズがない

そしてNYダウが再び売り込まれれば今度はサプライズがなく完全に連れ安するというパターン



もっとネガティブは民主・自公の修正合意案で19日(金)に衆院通過する見通しの「再生エネルギー特別措置法案」

これを菅首相が土壇場で「修正合意案でなら退陣しない」とごねて再度政局混迷で株価大幅下落のパターン


菅首相だけは何をするか読めません。



できればポジティブパターンになってほしいですがどうなることやら??



明日のメイン監視銘柄は

ヤマダ電機とエスバイエル

先週金曜引け後に発表したTOB(株式公開買い付け)をする側とされる側

引け値58円を62円でのTOBですが筆頭株主ユニファイド・パートナーの所有株数や同時に行う第三者割当増資の内容などから市場は両銘柄をどう判断するか?



よくあるパターンではTOBする側は株価値下がりする事が多いです。

TOBされる側のエスバイエルは株式公開買付銘柄という事で新規空売り禁止ですので株価横ばいや値下がりならスルーするのみ

逆に低位仕手系銘柄だっただけに将来性を評価した大口資金が入れば買いで入る予定




そしてずっと気になりっぱなしなのが携帯向けゲームサイトのグリー

日本証券金融での新規貸株(空売り)増加で売り方踏み上げられ状態継続


ここから先は信用取組み・信用規制・逆日歩などの要因で株価の先行き予想してトレード予定

取り敢えずは「売り禁止」にだけはならないで欲しいです。



政治に振り回されてる株式市場ですが

来週も頑張りましょう(^^)v




nice!(58)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。