So-net無料ブログ作成
検索選択

4406 新日本理化と9675 常磐興産を監視予定 [仕手株投資手法]

ヨーロッパ各国の支援策受け入れをめぐりギリシャのパパンドレウ首相の国民投票実施方針をめぐり世界が混乱

G20サミット前夜にフランス、ドイツの両首脳との緊急会談での説得にも応じず。


それに対してフランス、ドイツは今月中旬実行予定のギリシャへのつなぎ融資凍結で圧力


2大政党間合意があれば国民投票がなくてもよいなど情報が錯綜してよく分かりませんね


私は元不動産販売営業マンなのでギリシャが本音を言ってないだろうと疑って信用していません。


もっと疑えばこれはギリシャ国民をうまく黙らすためのデキレースでEU欧州連合では落としどころが決まっているとか・・・

もうひとつはヘッジファンドが仕込んだポジションで儲けるための八百長とか・・・


この金融が絡む世界は疑ったらキリがありませんが私達情報貧乏の個人投資家は情報に振り回されるのみです!







ここから株トレード


11/4(金)私のメイン監視銘柄


4406 新日本理化と9675 常磐興産


2日(水)にストップ高張り付き(前日比27.8%)の上昇で大引けを迎えた新日本理化

とポジティブ材料からストップ高(前日比37.9%)まで上昇しましたが剥がれて上ヒゲチャートで引けた常磐興産


どちらも空売りができる銘柄


ポイントは2銘柄とも大口筋が短期仕手戦(?)で終わるのか?継続させるのか?


私の個人的な見解ですが1日で30%前後上昇した銘柄の翌営業日は余程の好材料で無い限り連騰する確立は低い。

時価総額、信用取組みなどの注意点もありますがこの2銘柄は上値が重くなった場面で空売りする予定です。
(※投資に絶対はないので空売って踏み上げられたら即ロスカットしますが!)


しかし寄ってから出来高減少で殆んど動かずそのまま終了するパターンの場合は様子見スルー


トレード出来なくても貸借銘柄の仕手戦は売り方が勝つか?買い方が勝つか?見てるだけでも楽しいものです♪




逆のパターンでストップ安張り付きの翌日にほとんど動かなかったDeNAも監視予定です。



それでは


(^^)v



nice!(107)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 107

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。